人気の企業看護師を目指しましょう!

企業看護師 > 企業看護師の求人状況と求人内容について

企業看護師の求人状況と求人内容について

医療機関に勤務する常勤看護師は毎日ハードな仕事に追われています。患者さんの容体に合わせて、残業になることも当たり前のようにありますし、心身ともに大変な仕事です。 それに比べて、一般企業の医務室などに勤務する企業看護師は社員の健康管理が主な仕事ですので、重篤な患者さんに対処することもありません。
企業看護師に強い求人サイトは?

勤務体系も企業の就業規則に準じたものなので、土日祝日休めたり残業も余程のことがない限りありませんので、企業看護師になりたい看護師さんは年々増えてきている状況にあります。 そこで、企業看護師の求人状況と求人内容についてご説明してみたいと思います。

まず求人状況に関しては、正直なところかなりの競争率と言えます。それは、求人数が非常に少ないという点に原因があります。

なぜ企業看護師の求人数がそれほど少ないかというと、全ての企業が企業看護師を抱えているわけではないからです。企業看護師を雇用できるのは、大手企業に限られてきます。ただでさえ不景気な現在では、中小企業に企業看護師を雇用するだけの余裕がないのが現状です。

となると、必然的に企業看護師の求人枠は狭まってきます。また、大手企業といえど景気に左右されて企業看護師の人員枠を少なくすることもあります。そして、企業看護師として優先採用されるのは保健師資格取得が多いからです。

その上、企業看護師になったら働きやすい環境のため永年勤続する人が多く、辞職する人は滅多にいません。こんな現状も求人数が少ない要因の一つになっています。

次に企業看護師の求人内容についてご説明します。 企業看護師の募集は、正社員、契約社員、パートがあります。 正社員になると、勿論他の社員と同等の扱いになりますから、給料もボーナスも貰えます。また退職金など福利厚生面でも保証されます。

一方契約社員の場合は、契約期間と給与や勤務時間を予め決めて契約を結ぶ働き方になります。ほとんどの場合、正社員と待遇は大差ありませんが、ボーナスや退職金などはありません。そして、契約期間も更新制(1~2年ごと)になっています。

そして、パートやアルバイトでの企業看護師の募集ですが、実際には不景気な状況もあり、この雇用形態での求人募集が多くみられます。しかし、企業内医務室勤務ということから、雇用形態は時給のパートやアルバイトであっても、勤務はフルタイムという条件での募集が多く見受けられます。

また、企業看護師の求人内容には、パソコン操作が必須条件のところも多いです。ですから、企業看護師になりたい方は、看護師の資格以外にワードやエクセルの操作ができるようになっておいた方が採用面でも有利になります。

以上が企業看護師の求人状況と求人内容についてのご説明でしたが、企業看護師に求められるのは他にもあります。それは、一般社会人としてのビジネスマナーやコミュニケーションスキルです。

病院という特化した中で勤務していると、どうしても一般社会人のマナーやルールに関しての認識に乏しくなります。その点に関しては、病院から一般企業へと全く違う世界に飛び込むわけですから、少々戸惑うこともあるかもしれません。

しかし、それも徐々に体験して身につけていけばいいので心配することはありません。 まずは企業看護師の求人を探すことが第一ですから、企業看護師の求人情報を多く扱っている転職サイトを利用することから始めてみてはいかがでしょうか。
三重県看護協会